病院のご案内

トップ > 病院のご案内 > 沿革/アダムス先生

自分のして欲しいように人にしてさし上げる
聖書の言葉を職員一同実践いたします

明治24年からの想いを載せて

アリス・ペティ・アダムス Alice Betty Adams since1866-1937

アダムス先生は、教育者として専門教育を受けた宣教師の派遣団体アメリカン・ボードの宣教師として、明治24年 岡山に赴任し現在の御幸町に働きの場を示されました。聖書に記された「全ての人を愛する神の愛」ラビング・オールから、博愛会と名付け、小学校、保育園、幼稚園、和裁洋裁の夜学校に続き、無料の診療所さえ開きました。そして、45年間働き、乳癌を病み不自由と痛みの中で昭和11年に帰国され、昭和12年 享年71歳で召天されました。

沿革

明治

1891年
(明治24年)

アメリカンボールド宣教師アリス・ぺティー・アダムスが花畑地区の子供たちとクリスマス会を持ち、日本学校を開始する。日本最初のセツルメントである。

1896年
(明治26年)

私立花畑尋常小学校を開校する。

1899年
(明治32年)

花畑キリスト教講義所を開講する。

1901年
(明治34年)

花畑裁縫夜学校を開校する。

1905年
(明治38年)

花畑施寮所を開き、無料診療を開始する。後に、これが本院・分院へと発展する。

1906年
(明治39年)

幼稚園を小学校に附設する。

1907年
(明治40年)

施し風呂を開設し、地区の人々に無料にて開放する。

1910年
(明治43年)

設立20周年を記念して岡山博愛会の名称の下、凡ての事業をなす。記念事業として保育園を開設する。

1912年
(明治45年)

財団法人岡山博愛会として認可。

大正

1923年
(大正12年)

アダムス先生藍綬褒章 受章。

昭和

1936年
(昭和11年)

アダムス先生勲六等瑞宝章 受章、のち帰米。

1937年
(昭和12年)

北米マサチューセッツ州ニュートンのナーシングホームにてアダムス女史召天する。

1945年
(昭和20年)

戦災により全施設焼失する。終戦となる。

1947年
(昭和22年)

市内門田屋敷に仮診療所を再建する。これが岡山博愛会病院本院となる。

1948年
(昭和23年)

市内花畑(現御幸町)の焼け跡に保育園舎を再建する。

1951年
(昭和26年)

アメリカンボードより資金援助を受け、花畑に病院を新築する。

1952年
(昭和27年)

社会福祉法人 岡山博愛会となる。

1970年
(昭和45年)

特別養護老人ホーム アダムスホームを設立80周年記念として建築する。

1972年
(昭和47年)

アダムスホームを増築する。

平成

1991年
(平成3年)

岡山博愛会100周年記念式典を挙行する。

2003年
(平成15年)

アダムスホームを市内沖元に新築移転する。

2010年
(平成22年)

岡山博愛会病院本院と分院を統合し、市内江崎に新病院を新築移転する。
介護医療院 みくにを開設する。

2018年
(平成30年)

介護老健保健施設「みくに」を介護医療院みくにへ転換。
在宅総合支援センターアリス開設。

令和

2020年
(令和2年)

岡山博愛会保育園を市内御幸町に新築移転する。

住宅サポートセンター ミッションハウスを市内御幸町に開設、施設内に看護小規模多機能型居宅介護 のぞみ・グループホーム まことを開設、及び御幸町クリニックを移転する。

現在に至る

病院のご案内メニュー