病院のご案内

トップ > 病院のご案内 > 院長挨拶

院長挨拶

院長写真

岡山博愛会病院は内科を中心としたPost Acute Care(急性期を経過した患者様の治療)とSub Acute Care(在宅・介護施設等から病気の急性増悪した患者さんの治療)を専門的に行う病院です。当院では安心して自宅あるいは施設に退院して頂くために、自宅に帰ってから必要な生活リハビリ、お口から物を食べるための摂食嚥下リハビリに力を入れています。また、全病棟の半分を在宅へ帰るためのリハビリを含めた準備のための専門病棟(地域包括ケア病棟)に変更して在宅復帰や在宅療養中の急性増悪時にお役立て頂いています。平成30年には岡山県で90番目の救急告示病院として認められ、地域の高齢者救急の一部を担うべく体制を整えました。クリニックの先生方が診ておられる在宅患者様の急性増悪時の受け入れ先としてご登録頂くなど、在宅医療のお手伝いもさせて頂いております。常勤医師は内科医が中心ですが、岡山大学病院や市内の総合病院から整形外科、皮膚科、脳神経外科、歯科の専門医をお招きして診療の幅が広がりました。最近オープンした健診センターや敷地内薬局は外来患者さんのみならず、地域の皆様にも喜んで頂けると思います。

病院は地域の財産だと思っています。これからもこの地域で安心と安全をお届けできるよう職員一同全力を尽くして参りたいと存じます。これからも岡山博愛会病院をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

岡山博愛会病院
院長 中尾 一志

病院のご案内メニュー